建築・設計分野への転職は「建築・設計転職ナビ」にお任せ下さい

北の大地の産業・生活を支える職人/技術者
株式会社西村組

【ジョブNo.jid0000000753

  • 北の大地の産業・生活を支える職人/技術者
  • 北の大地の産業・生活を支える職人/技術者
  • 北の大地の産業・生活を支える職人/技術者
実現したいこと

水産施設施工技術や水産資源と漁場づくりの研究を活かし、養殖技術開発の発展に寄与することによって、海洋の生態系・生物多様性を保全・回復する社会を実現します。

挑戦していること

公共施設を中心とした建築や、保有率道内トップクラスである作業船を稼働させる漁港整備を中心とした施工によって、海に囲まれ、広大な北海道に住む人々の生活の豊かさを向上させることに挑戦し続けます。

—海拓者として自然を守り、北海道の産業を支える海洋土木のプロフェッショナル―

当社は創業80年を誇り、北海道を拠点に港湾建設、漁港建設、水産基盤整備など海洋土木事業を展開しています。
海洋土木(通称:マリコン)に力を注いでいますが、北海道という日本一広大な土地の流通に不可欠な道路整備や治水・治山、そして第一次産業の土台を担う様々な工事の実績も多数です。

【当社の特徴】
■海の幸の研究開発室
当社は、1987年に開発したアサリ増殖場のサンドチューブ工法が公共事業に採用されたことをきっかけに、アサリ増殖場の造成に適した場所の選定や、物理・生物的環境の調査をはじめ、豊かな漁場づくりを目的とした研究開発室を設置しました。以降、ホタテ貝やナマコなど、海の幸の養殖に関する技術開発にて成果を上げています。

■道内トップクラスを誇る海洋作業船保有率
波浪から船舶を守るための防波堤建設や、船舶の航行確保のためのしゅんせつ作業等には作業船が欠かせません。

■大きな仕事を成し遂げるチームワーク
施工する工事では、多くの人たちがチームとなり完成を目指します。数ヶ月かけて巨大な構造物を造りあげるという作業の中で、集団は一体となり関係性を深めていくことは非常に大切です。
また、今以上に会社を大きくするためには若い力の育成が欠かせません。工事の中で多くの学びとノウハウを手に入れながら進み、経験と知識を積み重ねた西村組のエンジニア集団があなたの仲間入りを待っています。

■社員と家族を第一に考えられた福利厚生
社員が安心して働ける環境づくりが企業としての責務であるという考えから、福利厚生に力を注いでいます。
天候に大きく左右される海上での工事を円滑に進め、無事に完成させるためには、磨かれた「技術」や多くの事業関係者をまとめる「リーダーシップ」と同様、長い工期を乗り切るための「体調管理」や、「家族のサポート」が不可欠だと考えています。
※詳細は求人ページをご覧ください。

■創業80年の老舗風ベンチャー!
当社は昭和11年設立、宿や乗り合いバスの事業からスタートしました。人々の足となり資材運搬を手掛けたことをきっかけに建設現場に顔を出すようになってから、現在の事業へと繋がります。
どのような時代も「困りごと解決」を軸に仕事を手掛けてきました。
その結果、
約120名のメンバーを自社雇用。
海洋作業船も保有し、経営も安定。
建設業の中でも「大手」と名乗れる規模まで拡大……

だからこそ、守りに入るのではなく敢えて「攻める」。
先代が築いてきたしっかりとした土台は高く飛ぶためにあると考え、チャレンジを続けます。

今まで培ってきた経験や技術力を存分に発揮して新しい挑戦に挑みたいベテラン、これからスキルを身に着けて力試しをしたいルーキー、どっちも活躍できるのが西村組にしか無い魅力です。

"歴史"と"確かな技術"それに"チャレンジ精神"を備えた老舗風ベンチャー。これが合言葉。

■西村組×北海道大学 流氷との共存に挑む!
「流氷」と聞くと、北海道にしか無い冬の風物詩だったり、クリオネをはじめとした神秘の現象というイメージを持たれるかと思います。
しかし、地元の漁港でホタテやカキの養殖業を営んでいる人々にとっては、20億円にも上る損害をもたらす脅威の対象でしかありませんでした。毎年、冬になると流氷が養殖施設に流入し、被害を受けてしまうのです。
そこで、北海道大学をはじめとする関係諸官庁等と共に「サロマ湖漁港プロジェクト」を立ち上げ、国内初のケース、そして海洋施設としては世界でも他に類を見ない防氷施設の完成に漕ぎつけました。
その結果、ホタテ・カキの養殖は地元の主要産業として定着しています。

「定着」こそが公共事業の在るべき姿だと思っています。

私たちが手掛けたものが日常に定着し、あるのが「当たり前」になる。
そして「当たり前」を継続させるのが醍醐味であり、独自の施工技術を持つ当社の使命です。

■建設は「必要」から「楽しい」シゴトへ!
当社の仕事は、多くの建設企業と同じように国の発注である公共事業もありますが、特許技術や研究開発によって、自分たちで創り出してきた事業も数多くあります。

この背景には、
常に人々の「困りごと解決」に取り組む集団であり続ける、という姿勢
発注元に左右されず、給料や休みをきちんと手に入れられる企業体制
今までに無い「当たり前」を生み出すベンチャー気質
があります。

建設は、人々の生活インフラを支える為に「必要」なシゴトです。
一方で、イノベーションを起こせる可能性を持った「楽しい」シゴトでもあるのです。

思い描いている新しい事業を実現させるには、あと少しだけメンバーが足りません。
これから更に飛躍する西村組の歴史を一緒に創ってくれる方と出会えるのを楽しみにしています。

募集要項

募集職種名 土木・建築技能員
年収 350万円~600万円
給与詳細 ■月給:250,000円
■賃金形態:月給制
■昇給:有
■役職手当:あり(職能により変動)
■残業手当:あり
■休日手当:あり
※月給は選考を通じて変動する可能性があります。
勤務地 北海道
勤務地詳細 【本社工事部】北海道紋別郡湧別町栄町135-5

<アクセス>
JR石北本線「遠軽駅」から車で30分
仕事内容 当社は、北海道オホーツク海沿岸に本社を構え、海洋土木に特化し独自の技術を生み出してきました。海洋土木とは港を造り、保守・修繕する仕事で、作業船を利用し、防波堤の延長工事や波除ブロックの製作設置などを手掛けます。もちろん、海洋土木だけではなく総合建設業として道路工事や建築工事など多くの施工実績も持っています。
また、自然災害を復旧し地域住民のみなさんの生活を復旧する事、自然災害を未然に防ぐ事、そこに住む方々の生活を守る事も我々の仕事の一つです。
造ったものが社会の役に立つ、ひいては人々の役に立つという事が実感できる仕事です。

【具体的には】
土木工事現場(港湾、漁港、道路などの工事現場)での土木作業・重機作業
*土木技術職は港湾工事が未経験でも問題ありません。
一般的な土木施工を経験されている方を歓迎します。

作業は湧別町・紋別市など、オホーツク管内が多いです。
対象となる方 【必須要件】
西村組のビジョンに共感してくださる方
普通自動車免許

【歓迎要件】
土木作業経験をお持ちの方
北の大地の産業・生活を支える職人/技術者 北の大地の産業・生活を支える職人/技術者 北の大地の産業・生活を支える職人/技術者
雇用形態 正社員
勤務時間 7:00~17:00(休憩120分)
※各現場や気候により変動
休日休暇 ■休日
週休2日制(土日)、祝日

■休暇
夏季休暇(7月~9月の間で任意の3日間)
年末休暇(会社の指定による)
慶弔休暇(結婚・忌引・裁判員)
育児・介護休暇(休業)
その他年次有給休暇制度
福利厚生 ■保険
健康保険
厚生年金保険
雇用・労災保険
労災上乗保険

■制度
各種表彰制度
永年勤続表彰制度
退職年金制度

■住宅手当
独身寮

■その他
食事補助
被服等支給(安全帽・作業服・安全靴・防寒服など)
資格取得に関する費用の負担
選考プロセス ■モデルケース
面談 数回(オンライン含む)

(会社見学)

最終面談(社長同席)

※あくまでモデルケースなので個人差があります
※いきなり社長面談もあります

会社概要

設立年月日 昭和11年
代表者 代表取締役 西村 幸浩
本社所在地 〒099-6404 北海道紋別郡湧別町栄町133番地の1
資本金 4500万円
事業内容 土木工事業/建築工事業/とび・土工工事業/管工事業/鋼構造物工事業/舗装工事業/水道施設工事業/しゅんせつ工事業/ 大工工事業/左官工事業/石工事業/屋根工事業/タイル・れんが・ブロック工事業/鉄筋工事業/板金工事業/ガラス工事業/塗装工事業/防水工事業/内装仕上工事業/熱絶縁工事業/建具工事業/解体工事業
企業URL http://www.nishimura.co.jp/