CO2分離回収・地下海底貯留分野への転職は「CO2分離回収・地下海底貯留転職ナビ」にお任せ下さい

powered by   2024/06/13 更新
閲覧済み

技術開発(物理工学分野)【東京】 社名非公開

掲載開始日:2024/06/04
更新日:2024/06/05
ジョブNo.240604MN81065077
職種 技術開発(物理工学分野)【東京】
社名 社名非公開
業務内容 技術職(技術開発/物理工学分野)として以下の業務を担当し、事業化へ繋げるための技術開発に注力いただきます。

1.技術開発
地下に圧入されたCO2貯留メカニズム解明に関する解析・検討、システム開発業務
(例)
・デジタルロックフィジックス手法による流体挙動の解析、評価
・シミュレーション技術を用いた流体解析、評価手法およびシステム開発
将来的にはCCSに限らず新たな発想で事業化へ繋がる新技術の開発に重点を置きます
(地球科学、資源・エネルギー工学、熱・流体工学、その他広く物理工学分野を対象)

2.外部との協働、交流
国内外大学など外部研究機関やコンソーシアムとの協働・交流

3.共有・発表
研究進捗・成果の社内共有、知見の還元および外部発表

4.貯留層生産技術に関する以下の業務
・新規/既存E&P事業のサブサーフェス評価、計画立案、外注先の選定と契約、品質管理
・CCS/CCUSなど環境対応事業におけるサブサーフェス評価、計画立案、外注先の選定、品質管理

【特長、魅力】
・これまでの研究活動の経験を活かし、国際社会に貢献する事業化に挑戦できます。
・既存の事業方針に縛られない発想で新しい未成熟な環境対応技術を発掘し、研究開発から事業実装へと成長させていく大きなやりがいを感じられます。
求める経験 【必須要件】
・工学系またはは理学系の修士または博士課程修了
・国内外の研究機関における研究活動経験 1年以上
・プログラミングスキル(Pythonなど)
・日本語および英語による読解力、コミュニケーション力(ビジネスレベル)※日本国籍でない方の場合は、日本国内においてフルタイムで勤務できる在留資格をお持ちの方

【歓迎要件】
・貯留層生産評価ソフトウェア(EclipseなどのReservoir simulator)の使用経験
・CCS/CCUSなど環境対応型事業に関する研究活動や実務経験
・資源工学、地球工学、油層工学関連講座の履修、研修経験
・査読付き論文の公表(国内外学術誌に2編以上)
勤務地
東京都 詳細につきましてはご面談時にお伝え致します
年収 年収 600 ~ 1500 万円
経験・能力・年齢などを勘案のうえ、同社規定により個々に決定
賞与:年2回(6月、11月)
※上記年収には残業手当は含みません。
なお、経験・スキルに応じて変動の可能性があります
勤務時間 09:00~17:30
休日・休暇 完全週休二日(土日)祝日、年末年始、メーデー、会社記念日、年次有給休暇(勤続満1年未満:16日、以降勤続年数に応じて最大25日)
有給休暇とは別に傷病休暇が年間10日付与されます
募集背景 増員のための募集になります。詳細につきましてはご面談時にお伝え致します。
雇用形態 正社員

この求人情報は、「株式会社パソナ」が取り扱っています

この情報を保有しているコンサルタントへ紹介を受けるには、マイナビスカウティングに会員登録が必要です。

応募登録いただくにあたり

にご同意いただき、マイナビスカウティングに応募情報を開示することをご了承の上登録ください。