電気制御/機械制御分野への転職は「電気制御/機械制御転職ナビ」にお任せ下さい

  • HOME
  • 求人検索
  • 「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職

「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職
フロイント産業株式会社

【ジョブNo.jid0000000930

  • 「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職
  • 「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職
  • 「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職
実現したいこと

研究開発型企業として、製剤技術を基盤に開発した製剤機械、医薬品添加剤を医薬品・食品メーカーに提供することで、人々の健康、食の安全・安心の向上に貢献します。

挑戦していること

顧客の真のニーズに技術力をもって応え、持続的に利益成長する経営構造の実現を目指します。実現を目指すために、『ONE FREUND』の価値観、すなわちNumber ONE【特別な価値創造】、 Only ONE【完全顧客視点】、 Be ONE【ネットワーキング】を事業に落とし込み始動しています。

当社は医薬品製造装置と医薬品添加剤を扱っており、世界で唯一、装置・化成品の両方を事業化している企業です。「造粒・コーティング技術」では国内トップクラスの技術を持ち、世界初の「自動フィルムコーティング装置」と「フィルムコーティング液」の開発に成功しました。

経営ビジョンにもあるように、医薬品製造装置、医薬品添加剤、食品添加剤、食品品質保持剤の研究・開発・製造から生まれた技術で、世界中の人々の医療と健康の未来に貢献し、豊かな生活と食の安全・安心を支える技術を生み出すことで、さらにグローバル市場へと発展し続けます。

■フィルムコーティング技術に着目した理由
当社のフィルムコーティング技術は錠剤に特化しています。
錠剤は薬を圧縮して一定の形にしたもので、飲みやすく、比較的長期保管が可能であり、取り扱いや持ち歩きがしやすいことが特徴です。
現在では当たり前となっている内用薬ですが、創業した当時(1964年)薬の主体は粉末で、体内に早く吸収され早い効果が期待できる一方、腸まで届ける前に溶けてしまったり、苦みや臭いが気になるデメリットもありました。

どのようにすれば胃や腸まで溶けずに届き、苦みの軽減や錠剤の劣化を防げるかという点から、錠剤にコーティング(薄い膜の層を作る)することに着目しました。
しかし、粉末が主体だった当時は、職人がひとつひとつ錠剤にコーティングする作業を行なっていたため、多くの錠剤を作ることができませんでした。

そこで、コーティングを自動化すればもっと錠剤を社会に普及できると考え、当時の日本では発想できなかった自動フィルムコーティング装置、フィルムコーティング液の開発に取り組みました。
錠剤の苦みの軽減や劣化などはもちろん、コーティングをすることで胃酸によって効き目が失われる薬も腸まで届き、段階的に溶ける工夫に成功しました。

また、錠剤だけではなく、普段よく目にする色とりどりの粒ガムやチョコレートをコーティングする機械の開発も当社で行なっています。コーティングの目的は、色を付ける以外にも紫外線や湿気から保護する効果があるため、話題のお菓子にも使用されています。

他にも、美味しいバームクーヘンやカステラは「やわらかさ」「しっとり感」を保っていますが、一方で水分を多く含んでいるために菌の繁殖が起こりやすくなり、賞味期限が短くなります。
そこで、品質を保つために利用されている食品品質保持剤の製造も当社の技術が役立っています。

■製剤技術に関連する特許数は”300件以上”

市場シェアを獲得できた背景には、数多くの特許を保有している点があります。
国内外併せて、参入障壁を高めるよう戦略的にコア技術と周辺領域の技術を特許化することで
自社開発の幅を広げ、競合をけん制してきました。

すでに市場や顧客から信頼を得ている当社は、生み出された自社技術の保護をはじめ、さらなる市場シェアの拡大に向けて現在も技術の観点から戦略的に攻めている側面もあります。

ユニークな製品を生み出し続けることは、技術力が優れているだけではなく、自社にしかできない領域を創り出すことで可能にしています。
また、保有特許を多く持つことで開発者も自由な発想を組み合わて開発に挑戦できることも魅力です。

■安定した経営基盤だからチャレンジできる
創業時4人だった社員数が、現在は400人以上を超えています。
さらに、経産省グローバルニッチトップ100企業(2013年版)にも選ばれ、創業50年以上を迎えた今もなお連続黒字である当社は、毎年着実な事業成長しています。

特に、当社で実際に働いている社員が入社理由にも
・安定の中に「研究開発型企業」というチャレンジ精神を感じ、独自の技術がある企業だと思った
・ユニークな技術や知名度の高い商品を扱うので、グローバルなビジネス活動が出来そうと感じた
などを挙げ、「企業の力強さ×技術力」が高く評価されています。

実際に、お客様の要望への対応力と、自分の創造力(アイディア)を叶えられる喜びを糧に、設計、医療業界など様々な業界へ貢献したいという、明確な意志の強さを持っている社員ばかりです。

経営ビジョンにもある「世界中の人々の医療と健康の未来に貢献し、豊かな生活と食の安全・安心を支える技術を生み出していくこと」をぜひ一緒に実現しませんか。

【社名の由来】
フロイントはドイツ語で"友達"を意味します。当社の創業者の伏島靖豊が創業の構想を友人と考えていたとき、社名の話になり、二人はFreund(友達)だから・・・と、 フロイントと名付けることとなりました。
なお、当社のロゴは創業時に、"友"という文字のくずし字をデザイン化したものです。

募集要項

募集職種名 生産技術
年収 450万円 〜 550万円
給与詳細 月給270,000円~
(基本月給246,700円~+食事手当月3,300円含む)

■賞与年2回(昨年度実績4.5か月)
■試用期間3か月あり(試用期間中の勤務条件の変更無し)
勤務地 静岡県
勤務地詳細 【浜松事業所】静岡県浜松市北区新都田1-2-2※敷地内全面禁煙

<アクセス>
JR東海「浜松駅」より車で40分
仕事内容 工場で生産している当社の医薬品添加剤と食品保持剤(半生菓子に同封されている「たべられません」の小袋)の製造業務を生産技術の観点から、改善点や課題を見つけて指導/調整を行っていただきます。

【業務詳細】
・新しい生産技術の開発
・現状の生産の課題発見
・生産ラインの改良
・新規設備の導入検討と対応
・製造関連設備機器の保守整備
・設備トラブル時の修理対応
・新規事業計画の対応 等

経験を積んでいただき、将来の生産事業人材として幅広く活躍していただくことを期待しております。

フロイント産業は、誰もが見たことのある「たべられません」の小袋のトップシェアを獲得しており、人々の毎日の食の安全を支えています。

医薬品添加剤も医薬成分の効果を最大限に発揮する役割を果たしています。
お任せする製造の業務を通じて、周囲の人々の「健康」を影から支えることができる、社会性とやりがいの大きな仕事です。

【国内トップクラスの技術を持つ研究開発型企業】
世界で唯一、機械装置と医薬品添加剤を取り扱い、56期連続黒字経営と安定した業績を積み重ねてきました。
医薬品、お菓子、食品の製造過程で欠かせない「造粒・コーティング技術」では国内トップクラス。その技術と機械装置を活用し、素材メーカーと協力しあい、食品の製剤化に有用な原料、栄養補助食品などの化成品開発といった事業を行う研究開発型企業です。
今後は海外へも積極的に進出していく予定です。
対象となる方 【いずれか必須】
■生産技術職のご経験
■電気・機械に関する知識がある方
■理工系(機電系)大学出身者
■大卒以上

【歓迎】
■造粒、充慎包装に関する経験・知識をお持ちの方
「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職 「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職 「たべられません」の小袋の製造業務に係る、生産技術職
雇用形態 正社員
勤務時間 9:00~17:30(所定労働時間:7時間30分、休憩:60分)

※月残業は30H程度。
 年間休日126日と、プライベートとの両立もしやすい環境です。

※時差出勤制度あり
※長期工事が伴う場合等、休日出勤や振替出勤あり
休日休暇 【年間休日126日】
・土日祝休み
・夏季休暇3日
・年末年始休暇4日
・有給休暇(入社半年経過時点10日。最高付与日数20日。半日単位で取得可。有給取得推進日12日)
 ※入社6ヶ月以内の有給休暇あり
・リフレッシュ休暇
・特別休暇(転勤赴任休暇/産前産後休暇/育児休暇/介護休暇等)
福利厚生 ■交通費規定支給
■社会保険完備
■自己啓発補助制度
■寮・社宅あり
■退職金あり
■持株会
■財形貯蓄制度
■退職一時金制度
■中退共制度
■確定抽出年金制度
■慶弔見舞金
■ベネフィット・ワン
■永年勤続表彰
■団体割引価格での保険加入制度
選考プロセス 書類選考

一次面接

最終面接

内定
※経験や職歴に応じて面接回数の変動ございます

会社概要

設立年月日 1964年04月22日
代表者 代表取締役社長 伏島 巖
本社所在地 東京都 新宿区西新宿 6丁目25-13 フロイントビル
資本金 1,035,600,000円
従業員数 443人
事業内容 医薬品、食品、化学等の業界向け造粒・コーティング装置およびプラントエンジニアリングと医薬品添加剤、食品品質保持剤、栄養補助食品等の開発・製造販売
企業URL http://www.freund.co.jp/