精密機械分野への転職は「精密機械転職ナビ」にお任せ下さい

最先端技術を操るレーザー加工技術者
株式会社レーザックス

【ジョブNo.jid0000000519

  • NoImage
  • NoImage
  • NoImage
実現したいこと

高精度の機械と蓄積されたノウハウを用い、今まで実現できなかった加工を可能にし、ものづくりに革新を起こすことにより、高度化技術による信頼性・効率性の高いインフラを利用できる社会を実現します。

挑戦していること

~生産イノベーション~
医療、半導体、航空宇宙などの分野において活用されるレーザー加工技術で、最先端の機器と蓄積された経験とノウハウにより、生産イノベーションに挑戦しています。

【沿革】
私たちは1941年の創業以来、一貫して「ものづくり」に携わってきました。品質へのこだわりは非常に強く、1999年には*ISO9001取得を皮切りに、2008年**AS9100Rev.C、2009年***NADCAPなどについても取得しました。現在は愛知県知立市の本社工場だけでなく、横浜市にもレーザテクニカルセンターを構えており、また2015年には精度が高く、高速動作を実現する3次元ファイバーレーザ加工機「LaserDyne795」を導入するなど、積極的な設備投資も行い、試作開発から量産まで、高い技術力で多様な市場ニーズに対応しています。

*ISO9001:あらゆる業種・企業活動に適用可能な品質マネジメントシステムの国際規格
**AS9100Rev.C:航空宇宙産業向け品質マネジメントシステム
***NADCAP(国際特殊工程認証制度):米国PRIで開発され、航空宇宙産業関連の特殊工程管理に関する世界標準認証

【事業概要】
当社の事業は大きく分けて「レーザ受託加工」「レーザ周辺機器製造」「鋳物調達」の3つです。
その中でも主要事業となるレーザ受託加工部門は1984年のCO2レーザの導入を皮切りに開始し、1万件を超える受託加工を行ってきました。
以来、保有するレーザ加工設備にて、物質の溶接、切断、孔(穴)あけ、特殊素材への加工など難易度の高い要望にも幅広く対応し、お客様のお困りごとを解決しています。
また、豊富な加工経験の中で、さまざまなレーザ発振器や加工装置に触れてきたノウハウと経験を最大限に活用し、レーザ加工周辺機器の自社設計・製造まで手掛けるようになり、2014年には当社の新ブランドOPTICELを誕生させました。
お客様のレーザ加工システム導入もサポートし、レーザ加工だけでなく、レーザ機器の製造・販売も行い、トータルソリューションを提供しています。その成果として、2017年にはレーザー学会産業賞を受賞しています。


■レーザ加工事業
レーザ加工機は比較的高額な生産設備であり、顧客が独自でレーザ加工機を導入するには、生産方法・品質・採算性が確立していなければなりません。当社はレーザ加工事業の設立以来、レーザ加工技術の拡大と、顧客のレーザ加工技術導入の障害となる部分を解消するため、さまざまなレーザ光、機器を取りそろえるとともに、それを扱う技能や知識を高め、小ロット、試作品加工、加工試験、研究開発など、お客様のものづくりの革新となる製品づくりに、構想段階から貢献しています。

■周辺機器事業
レーザ加工機を使うユーザーだからこそ分かるノウハウを活かし、顧客の要望にも応えた加工ヘッド等のレーザ加工周辺機器やレーザ加工機の設計・製造をしています。近年では、場所を選ばず、手持ちで自由度が高い新しいタイプのレーザ溶接機(OPTICEL FH)の開発・製品化に成功。海外展開も視野に入れながら、事業の拡大に取り組んでいます。『レーザ加工機や加工装置はレーザックス製が一番』と言われるように設計・製造技術にも力を入れています。

■鋳物調達事業
10㎏~5,000㎏までの工作機械向け部品を中心に、幅広い鋳物製品を取り扱っています。
2003年に設立した合弁会社の鋳造工場「太倉林飛鋳造有限公司」をはじめ、国内外の鋳物工場と提携。1946年の鋳造事業開始以来築き上げたノウハウとネットワークで、最適な調達先を選定して納期厳守でお客様にお届けします。


【当社の魅力】
■将来性のある分野を開拓する
レーザ技術のおかげで、切断・接合・焼き入れなどの技術が格段に向上し、ものづくりは大きく進化してきました。製造業だけに限らず、医療や食品検査の分野でもレーザ技術が幅広く応用され、今後もさらなる技術向上が期待されています。
当社も各分野から技術の応用を求められています。将来性のある技術に関われるのは、非常にやりがいのあることです。今後は光学や金属材料、電子技術、情報技術に特化した技術者を育て、次世代に挑戦していきたいと思っています。

■特許技術に裏付けられる高い技術力
水の中にある鉄などを水中にあるままで切断できる技術を開発し、2015年3月に特許を取得しました。
レーザ加工に対する探究心を持つ当社だからこそ、実現することができた技術です。
また、制御システムを活用し遠隔操作も可能で、造船業界やエネルギー業界で活用されています。
このような高い技術を武器に、レーザーの可能性を広めるパイオニアとして業界を牽引しています。

■充実した福利厚生
社員一人ひとりに何でも任せる社風です。社員のスキルアップにも前向きで、検定料の半額負担や教材の支給など、サポート体制も整っています。また、家事や育児と仕事を両立させている女性社員もいるため、女性としての将来像を身近に感じることもできます。
完全週休2日制、勤怠管理システムの導入や、事務作業の自動化(RPA)で残業時間の削減に取り組んでいます。

募集要項

募集職種名 レーザー加工技術者
年収 380万円~550万円

■年収例
420万円(入社10年)32歳
530万円(入社20年)42歳・主任
680万円(入社25年)47歳・課長
給与詳細 ■昇給:年1回(5月)
■賞与:年2回(7月・12月) ※前年度実績:4.2カ月分/年
勤務地 愛知県
勤務地詳細 愛知県知立市新林町小深田7番地
仕事内容 加工対象となる材料は金属、樹脂、木材などその用途により様々。時には樹脂と金属など異素材同士の接合を依頼されることもあります。
お客様の要望をもとに自社技術でどう応えられるか、加工方法や条件を検討します。例えば加工が難しい素材を複雑な形状に切断したり、目に見えない大きさの穴を無数に開けたり、これまでにない技術が求められる依頼がほとんどです。
どうしたらできるのか、なにがあればできるのか、時には治具も作りながら試作を行います。期待通りに進まないこともありますが、できないのであればなぜできないか、どうしたらできるのかまで突き詰めて、お客様のものづくりに革新を与えるお手伝いをする仕事です。

【具体的には】
・指示書、図面をもとにした試作・量産部品の製作
・加工方法、条件の検討
・お客様からのヒアリング、調整
・治具の設計・製作
・依頼内容に対するレポートの作成
・設備のメンテナンス、トラブル対応
対象となる方 ■必須要件
・NC加工機を使用した経験がある方

■歓迎要件
・ISO9001を取得した環境で働いた経験がある方
・NCのプログラムを書いた経験のある方
・溶接の経験がある方
・生産設備の保守・メンテナンスの経験がある方
NoImage NoImage NoImage
雇用形態 正社員
勤務時間 8:30~17:15(所定労働時間8時間、休憩45分)
※残業あり(月28時間程度)
休日休暇 ■休日
完全週休2日制(土、日)

■休暇
・ゴールデンウィーク
・夏季休暇
・年末年始休暇
・有給休暇
・特別休暇
・慶弔休暇
・産前・産後・育児休暇(取得実績あり)
※年間休日114日(別途、指定休業日年間5日)
福利厚生 ■手当
・残業手当(全額支給)
・住宅手当(3,000円~38,000円/月 ※支給条件有)
・家族手当(配偶者:5,000/月 子ども:10,000/月・1人 ※支給条件有)
・資格手当(500円~2,000円/月・1資格当たり ※支給条件有)
・出張手当
・職責手当

■社会保険
・健康保険
・厚生年金保険
・雇用保険
・労災保険

■教育制度
・レーザ加工に関する専門教育
・階層別教育
・自己啓発支援(英会話、ビジネススクール、通信教育、ビジネスキャリア検定)

■その他
・総合福利厚生サービス(ベネフィット・ステーション)
・退職金制度
・自己啓発支援制度
・通勤交通費7万円まで支給
・マイカー通勤可・無料駐車場完備
・オフィス内禁煙
選考プロセス 書類選考

一次面接

二次面接、SPIテスト

内定
面接地 愛知県知立市新林町小深田7番地

会社概要

設立年月日 1941年4月
代表者 代表取締役社長 近藤恭司
本社所在地 愛知県知立市新林町小深田7番地
資本金 90,000,000円
従業員数 103名(2019年12月現在)
事業内容 レーザ加工機による受託加工
レーザ加工技術に関するノウハウの提供
レーザ加工技術に関するコンサルティング
レーザ光学機器の設計・販売
レーザ加工システムの設計・販売
鋳鉄・アルミの鋳造及び販売
鋳造品の熱処理加工・表面処理加工・切削・穴あけ・研磨加工及び販売
連絡先 0566-83-2229
企業URL http://www.laserx.co.jp/