Python分野への転職は「Python転職ナビ」にお任せ下さい

  • HOME
  • 求人検索
  • 【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する

【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する
コネクテッドロボティクス株式会社

【ジョブNo.jid0000001150

  • 【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する
  • 【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する
  • 【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する
実現したいこと

人の"手"に代わる調理ロボットを社会実装することで、世の中にある飲食業の労働負担を軽減し、ロボットと協働・共存していく社会を実現します。

挑戦していること

「食 × AI × Robotics」を推進することで、喜びや楽しさにあふれる食産業・食文化を創り、人の健康に寄与し、環境のサステナビリティにも貢献することに挑戦し続けます。

ー調理をロボットで革新する

当社はフードテックのスタートアップとして、
「調理をロボットで革新する」というビジョンを持ち、
国内の外食産業における慢性的な人手不足から重労働といった課題に対し、調理の省力化や自動化といった技術で解決しています。

現在では新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、「非接触」「省コストオペレーション」への期待は更なる高まりをみせています。
当社はその課題に対し、「ロボット製品開発経験から培われてきたロボット制御のノウハウ」と「ディープラーニングを活用したセンシングと学習技術」の組み合わせで、キッチンで働く人々の仕事をサポートし、働く人と食事をする人の両方に喜びを提供するロボットサービスの開発を行なっております。


ー人手不足・長時間労働の解消だけではない、『心身の健康』のアシスト

ロボットは単体では価値を見出せません。
人間がいるからこそ、ロボットが活きます。

飲食店では「人材不足が最大の経営課題」と言われていますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、「これから外食産業で働くのは不安」という理由で外食産業を敬遠する人も増え続けているのが実情です。

こうした事実もある一方で日本の労働人口は減少の一途を辿ります。
その際に、どうやって飲食業の未来の課題を解決し、未来を支えれば良いのでしょうか。
我々は、飲食業の作業をロボットに置き換える事で、飲食業の従業員の皆様に働きやすい環境を提供するサポートをしています。

こういった飲食業界で起きている人材不足の課題に対し、
【食産業 × ロボット × AI】と3つの要素を組み合わせ、
”手”に代わる手を創造することで、飲食業界における労働負担を減らし、ロボットと協働・共存していく社会へと変化させ、人々がより「健康」となる社会を実現していきます。

最初の挑戦はたこ焼きでしたが、蕎麦、ソフトクリーム、寿司、牛丼、カレー、焼き鳥、ラーメンなどさまざまな日本らしい食べ物を調理する製品をつくり上げ、それと同時に日本食が持つ「魅力」を世界に届けたいと思っています。

日本食は食材の品質以外にも盛り付けの美しさや季節性、おもてなしの心、食べるときの作法や行事、食べる環境のしつらいまで、多くの要素があり、奥深き食文化です。
特に海外の方にとっては「日本食=健康的」という印象を持っていただけていると聞いています。
より健康的に、そして多彩で伝統的な日本の食文化の「魅力」を世界に発信し続け、ロボットで実現していきたいと思っています。

募集要項

募集職種名 ロボットコントローラーエンジニア
年収 想定年収:500万円~

※経験やスキルによって応相談

給与詳細 ・月給にみなし固定残業45時間分込み。
・賞与は年2回。
勤務地 東京都
勤務地詳細 小金井市中町2-24-16 農工大・多摩小金井ベンチャーポート

最寄り駅:JR東小金井駅 徒歩7分
仕事内容 主に外食チェーンに導入するロボットのソフトウェア開発を担っていただきます。

・人とロボットが行う工程を適切に分類したうえでの、ワークフロー設計
・顧客や営業チームと話し合って要求を整理し、システム要件定義の実施
・システム要件からソフトウェア要件を定義し、ソフトウェア仕様・設計、実装の実施

営業チームがお客様ヒアリング・市場調査を通してまとめた要求について、その実現可能性を検討し、システムの要件定義を行います。

そこから開発チームの作業計画、進捗管理、メンバーへのタスク割り振り、システム要件からソフトウェア要件を定義し、ソフトウェア仕様・設計、実装、テストを含む全工程を担います。

今後様々なプロジェクトにおいて、効率よく品質の高いロボットシステムを作っていくために、複数プロジェクトで共通して活用できるソフトウェア部品の開発、及び、開発プロセスの整備など、製品ソフトウェアの共通基盤の構築も担います。

フードロボティクス技術はまだまだ社会に浸透しているものではないため、試行錯誤を繰り返しながら、常に現場から学び、学習するサイクルを回していきたいと考えています。そして飲食店さまには「シンプルで、使いやすい」操作性を兼ね備えたロボットの提供を目指します。

今までにない、新たなことに積極的に挑戦してみたい方はぜひご応募ください。
対象となる方 ■必須要件
・製品プロダクト、システムに搭載されるソフトウェアの開発経験
・C++及びPythonでのプログラミング経験

■歓迎要件
・英語能力
・プロジェクト管理経験
・ロボット制御の知識(または使用経験)
・ロボットを利用したシステムの開発経験(ROSなど)
・画像認識の知識(または使用経験)、画像認識アルゴリズムそのものか、画像認識を利用したシステムの開発経験
・深層学習の知識(使用経験)、深層学習を利用したシステムの開発経験
・要求要件定義~納品後サポートまで全工程の経験

■求める人物像
・会社のビジョン、ミッション、バリューに共感し、実現できる方
・スタートアップで働きたい人
【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する 【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する 【ソフトウェアエンジニア】調理をロボットで革新する
雇用形態 正社員
勤務時間 ■フレックスタイム制
※コアタイムは10:00~16:00

・リモート勤務制度有
・フレックス(コアタイムあり)
休日休暇 ■年間休日120日(土日+特別休暇合算)
※日本の祝日は出勤日としていますが、正社員登用後、有給休暇とは別に特別休暇を16日付与しています。海外出身の社員も多いため、まとまった休みを多く取れるようにしています。
福利厚生 ■通勤手当あり(上限月2万)
■社会保険完備
■家賃補助(上限月4万 ※対象に一部制限あり)
■ベビーシッター代行(キッズライン)支援
選考プロセス ※内定まで約1ヶ月ほどを予定しています。

書類選考

カジュアル面談

適性検査(Web)

1次面接

技術課題(1~2週間)

最終面接・職場見学

内定
面接地 オンラインおよび対面にて応対可能

会社概要

設立年月日 2014年2月10日
代表者 代表取締役 沢登 哲也
本社所在地 小金井市中町2丁目24-16 農工大・多摩小金井ベンチャーポート
資本金 100,000,000円
従業員数 36名
事業内容 飲食業向けロボットサービスの研究開発および販売
企業URL https://connected-robotics.com/