人工衛星・ロケット分野(衛星開発,エンジン開発,リモートセンシング,電子回路設計)への転職は「人工衛星・ロケット転職ナビ」にお任せ下さい

転職を考えはじめた技術者・研究者のための企業分析コンテンツ

測位衛星技術株式会社の企業動向と未来研究

測位衛星技術株式会社のサマリ

測位衛星技術株式会社
2002年に設立されたベンチャー企業。GNSS (Global Navigation Satellite System:全球測位衛星システム)のほか、ジャイロ、計測機器、通信機器等を開発・提供。代表取締役の鳥本秀幸氏は米国ION衛星部門アジア地域代表を務めた。

測位衛星技術株式会社の特長・将来性評価 >

本社 東京都新宿区
従業員数 -
資本金 3億5050万円
平均年収 -
平均年齢 -
次世代技術力4.0
ビジネスの
独自性
5.0
採用の積極性
4.0
年収
3.0
資金力
3.0

測位衛星技術株式会社の特長は以下の通りです。

  • 屋内でGNSS信号を利用した位置決定の技術では世界トップクラス。携帯電話をプラットフォームにした同社の屋内測位システムは、今後世界の標準技術となる可能性がある。自動運転車の開発・設計試験向けに衛星測位データを利用するための研究開発を精力的に行っている。
  • GNSSからの信号処理にとどまらず、取得した位置情報の利活用を積極的に実施。さまざまな分野の自動制御、地殻変動や電離層・対流圏観測など科学研究計測に用いる機器を提供。
  • 未上場で、増資など資金調達に関する公開情報はない。国内大手自動車メーカー、国内大手通信事業者、国内大手電子機器メーカー、国内大手産業用機械メーカー、大学、国立研究開発法人等との取引がある。

測位衛星技術株式会社についてもう少し詳しくチェック!

技術について

屋内でGNSS信号を利用した位置決定の技術に強みがあります。IMES(Indoor MEssaging System)は、準天頂衛星システム“みちびき”を開発する過程で、同社とJAXAが協力して発案した日本独自の技術です。

IMESは携帯電話をプラットフォームにした世界の主要な屋内測位システムとなると予想されており、今後は医療・介護、デジタルサイネージ、コンテンツ配信など屋内での位置情報が価値を持つ幅広い用途での応用が期待されます。

独自性について

社会基盤としての高精度測位を意識した事業展開を行っています。屋内での位置情報提供サービスについては、2008年に豊田市において国土交通省と共同で、最初の社会実験を実施し、複合商業施設、地下街などでの実証を精力的に行っています。

また、衛星測位のデータのみならず自動運転車の開発・設計試験向けの研究開発を精力的に行っていて、とくに自動車計測機器に関しては実車の走行軌跡や挙動データの計測機器を提供しています。

資金力について

2014年、日本電計株式会社と総括的な販売取扱店契約を締結しました。2015年、ドイツ、アイマー社と代理店契約を締結し、メルセデス社の自動運転コンセプトカーなどで世界的に導入実績のある、同社のGNSS+IMUハイブリッドセンサーの販売を開始しました。

求められる人材像

WEB/Mobile アプリケーション開発技術者のほか、電子回路設、ワイヤレス機器において,アンテナとの高周波信号のやりとりを行うRF(Radio Frequency)回路設計者、LSIデザインなどの設計技術者、アプリケーション開発技術者、構成を設定できる集積回路FPGA(field-programmable gate array)の開発技術者など、ハードウェアの開発・設計に携われる人材などが求められています。

測位衛星技術株式会社が関連する業界の変化・将来性について

人は自身の位置を、他者からの相対関係で認識してきました。地図上における位置も山、川、道など特徴的な地形との比較で認識されるものでした。緯度・経度など絶対位置は、天球上の太陽や星の位置を観測し、計算処理の結果をもってはじめて得られるものでした。

1994年、GPSによる位置信号が民間に開放されて初めて、自分の位置情報を絶対値として、簡単に取得できるようになりました。この信号は軍事用として意図的に精度を落としたものでしたが、2000年にその措置が解除されました。

その結果、位置決定精度が100m程度から10m程度に向上し、カーナビゲーションシステムなど、位置情報がビジネスとして成立するようになってきました。
さらに、2018年11月1日、日本国内では既存のGPSよりも安定して信号を受信できる準天頂衛星システム“みちびき”がサービスを開始しました。測位衛星システム技術の応用可能性は、今まさに広がりつつあります。

測位衛星技術株式会社が関連する業界の人材動向について

測位衛星技術株式会社が関連する業界の変化も、その将来性について大きく関わります。また、同じく関連業界の優秀な技術者の動向も今後のトレンドの流れを予見させるものがあります。 そこで、ここでは衛星測位システム業界の優秀なエンジニアの動向についてもチェックしてみましょう。

衛星測位システム業界で優秀なエンジニアの転職先企業(例)

衛星測位システム業界
電機業界
  • オートネットワーク技術研究所
  • ミツミ電機
自動車業界
  • デンソー
  • トヨタ

衛星測位業界からの転職は、通信機器といったハードウェアの開発の経験や、それを制御するソフトウェア開発の経験を活かし、電機業界や自動車業界へ転職している事例が見られます。今後、より多くのモノが衛星とつながると予想されるため、異分野への転職が多くなるものと思われます。

衛星測位システム業界で優秀なエンジニアの出身企業(例)

自動車業界
  • 矢崎総業
  • 日立オートモティブシステムズ
電機業界
  • 日立国際電気
  • 東芝
衛星測位システム業界

衛星通信業界に転職するエンジニアの出身企業は、自動車業界や電機業界からの転職事例が見られます。カーナビゲーションに使われるGPS機能やデジタル放送受信用アンテナなどで培った技術を活かしての転職と思われます。

イノベーションが求められる今だからこそ!未来を創る企業からのスカウトオファーを受け取るチャンス!
すでに転職をある程度お考えで、
ご自身のキャリアの可能性や転職先を知りたい方はこちら

転職ナビご登録者数 (2017年度実績)

50,362

専門性を活かしたいエンジニアをはじめとする数多くの方が、それぞれのご希望にあった形で情報提供を受けています

衛星測位システム業界総求人数 

1,362

業界の中でも希少な求人や、当社がイノベーションを支援する先端企業の潜在的な求人の可能性についてお知らせすることも可能です

人工衛星・ロケット転職ナビについて

『人工衛星・ロケット転職ナビ』とは、衛星開発、エンジン開発、リモートセンシング、電子回路設計、さらには衛星測位システム、軌道制御など、人工衛星・ロケット分野に専門特化した転職支援サイトです。上場企業から非上場企業、外資系企業、日系企業まで全国の人工衛星・ロケット分野に関する求人を多数掲載。このサイトは研究者支援データベース「astamuse」を運営するアスタミューゼと、転職で多くの実績を持つメイテックネクストの全面協力の下、運営されています。

  • アスタミューゼ
  • メイテックネクスト