次世代交通システム分野への転職は「次世代交通システム(バス・鉄道システム)転職ナビ」にお任せ下さい

  • HOME
  • 求人検索
  • ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー

ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー
株式会社トーエネック

【ジョブNo.jid0000000639

  • ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー
  • ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー
  • ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー
実現したいこと

アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーの発展に向けた、第一の都市(ヤンゴン)と第二の都市(マンダレー)および中間の首都(ネピドー)を結ぶ大動脈となる鉄道を日本のODAで構築し、ミャンマーの経済発展の基礎を支えていきます。

挑戦していること

日本が長年培ってきた電気、空調、そして鉄道技術を活かして、それをさらに発展させる土壌を、海外でも創っていくことに挑戦していきます。

               ”世界中に快適を届けるために…”

中部電力グループの総合設備企業として、「エネルギー」、「環境」、「情報」などの分野におけるインフラストラクチャー(社会基盤施設)の整備・構築を中心とした事業展開をしています。

—安全、安心を保ち、より快適な環境を実現
当社は電力、情報、空調衛生設備工事に絶対的な自信を持っています。
なぜ自信を持てるのか、それはこれまで歩んできた約70年の歴史の中で「人」「技術」「思いやり(助け合い)」を常に掛け合わせてきたからです。

社会基盤を作る施設は人々の生活や産業に関わる大切な機関です。
だからこそ、使用する人、関わる人たちのことを考えながら安全・安心な設備構築をしています。
グループ会社を合わせると約5000名の社員がおりますが、お互いの仕事を尊重することで
思いやりが生まれ、(相手を考えることで)サービスの品質向上にもつながってきます。

「想いが詰まったサービスを人の手によって実現することで、安全・安心で快適な設備」を生み出しています。

—成長を支える”確かな技術力”
もう一つの特徴は「技術力」です。想いを持った人材は技術力も高いことを当社は経験から理解しています。
当社には研修制度が充実しており、能力向上を目指すための自主参加研修や通信教育、公的資格の支援をはじめ、第一線の現場で必要とされる先進技術に肌で触れることのできる実践的な教育を受けられる教育センターを設立し、技能五輪国際大会では全国大会優勝者を輩出するなど、高い技術力を保有する社員も数多くおります。

会社全体の持つノウハウと保有技術を継承・進化させていくことで、お客様から信頼される企業として創業から75年以上続けられています。
※技能五輪国際大会とは、ほぼ2年に一度、参加国の職業訓練の振興と参加者の国際親善・交流を目的としている技能労働者の技能を競う大会。別名では技能オリンピック国際大会とも言われる。

—社会課題の解決から社会基盤を支えていく
今や各地域ごとの設備管理から、国と一緒に行なう大プロジェクトまで様々な形で支援しています。
どんなプロジェクトや仕事にも「課題」があるため、解決するために人も技術も時間も惜しむことはありません。

2016年1月には長野県中信地方で「雨氷」が原因で樹木が倒れ、これにより発生した災害停電の復旧工事を担当しました。
この時は、地域も含め全社を挙げて約1200名の人員が参加し、早期復旧と再発防止の施工に努めました。
これは一例ではありますが、課題や問題解決に全力でぶつかっていくことで人と事業は成長していくと信じています。

社会の多様性が増していく中でも、社会基盤を作る意義や重要性が変わることはありません。
これからの未来を創り上げるためにも、先端技術を融合させながら安全・安心・快適を一緒に届けませんか。

募集要項

募集職種名 鉄道信号・鉄道通信マネージャー
年収 1200万円〜1680万円
給与詳細 ■月収:100~140万円
※みなし残業手当(固定残業手当)300,000円/月60時間を含む。
※雇用契約の形に関しては、ご相談の上、決めさせていただきます。

■年収例
・40歳(経験15年) 年収1,200万円
・45歳(経験20年) 年収1,440万円
・50歳(経験25年) 年収1,680万円
勤務地 海外
勤務地詳細 ミャンマー(主にミャンマー常駐)、および名古屋

<アクセス>
就業場所によるため、詳細は面談時にお伝えいたします。
仕事内容 【募集職種】
鉄道信号のマネージャー、鉄道通信のマネージャーとして活躍していただきます。
(プロジェクトマネージャーは別途当社より配置予定です)

【案件概要】
ミャンマーの最大都市ヤンゴンと、第2の都市を結ぶマンダレーを結ぶ総延長600km以上の幹線鉄道改修案件に、元請となる日系の有名ゼネコンの下で鉄道通信設備請負工事事業者として参画致します。100年以上前のイギリス統治時代に建設され、老朽化している同線を同国の民主化を契機に日本のODA(政府開発援助)による改修が決定された案件です。当社は列車運行における安全の要となる信号通信システムを、仕様書に沿って設計、資材調達、施工、試験調整まで担当します。

【配属先情報】
ヤンゴン支店が拠点としてあり、フェーズ1工事が現在稼働中。
フェーズ1は当社が請け負う信号・通信だけで日本人7名(プロジェクトマネージャー1名、現場監督者2名、SV2名、資材管理1名)およびローカル社員13名が現場事務所を構えて現地に常駐。
フェーズ2は日本人8名、ローカル社員15名以上を予定。フェーズ1宿舎とフェーズ2宿舎は2時間ほどの距離にあり、交流が可能。
フェーズ2宿舎はヤンゴンから4時間半程度の距離にあり、現場事務所兼宿舎を建設予定。ミャンマーの鉄道工事は60年以上前の植民地時代の鉄道をリニューアルする工事が順次計画されており、今後20年以上の計画があります。
対象となる方 ■必須条件
・以下のいずれかを満たす方
 -鉄道信号経験10年以上、うち監督経験3年以上。
 -鉄道通信経験10年以上、うち監督経験3年以上。
・長期(4年以上)の海外勤務が大丈夫な方

■歓迎条件
・学歴:4年大学卒業以上
ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー ミャンマーにおいての鉄道信号・鉄道通信マネージャー
雇用形態 委任契約・その他
勤務時間 8:00~17:00(実働時間:8時間)
平均残業時間:60時間/月
試用期間:3ヶ月
休日休暇 ■年間休日:90日
※ミャンマー休日、現場稼働による
福利厚生 ■海外手当
海外保険
現地宿舎
帰省旅費(年2回)
作業着、PC、健康診断等の費用は別途支給
食事は現地宿舎に元請が食堂を準備(実費精算)
ドライバー付レンタカーを共有で使用

※諸条件は面談時に相談
選考プロセス 書類選考
 ↓
一次面接(WEB面接)
 ↓
二次面接(WEB面接)
 ↓
内定

会社概要

設立年月日 1944年(昭和19年)10月1日
代表者 代表取締役社長 大野 智彦
本社所在地 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄一丁目20番31号
資本金 7,680百万円 (2019年3月31日現在)
従業員数 4,887名(2019年3月31日現在)
事業内容 電気及び電気通信工事
水道施設工事
鋼構造物工事
機械器具設置工事
内装仕上工事
清掃施設工事
発電事業及び電気、ガス、冷水、温水、蒸気その他のエネルギー供給に関する事業
電気通信事業
等の事業を展開
連絡先 052-221-1111
企業URL http://www.toenec.co.jp/